アプリケーション

超電導ケーブル評価用電源装置

納入事例・概略

機種名 HX010-3600×2
用途 超電導ケーブルの特性試験

液体窒素で冷却された超電導線に電流を流し、超電導時の温度分布、電流伝達特性などを評価する。

ご採用理由

安定的に大電流を流し続けることはもちろんのこと発生する微小電圧の検出のため、電圧リップル、電圧ノイズが小さいことが大きい採用理由です。
微小電圧検出はクエンチ現象の検知に必要です。

※ クエンチ(quench):超伝導性が消失し、電気抵抗が発生する現象。電力による熱で超電導線が破損してしまう危険がある。

ご採用部門例

  • 電線メーカー
  • 大学の研究室
  • 国家研究機関

関連製品