アプリケーション

燃料電池モジュール評価用電子負荷装置

納入事例・概略

機種名 バイアス電源付電子負荷装置
用途 燃料電池モジュールの評価試験用

-10V〜30V 400A 他

ご採用理由

燃料電池への負電力印加試験のためのバイアス電源を実装。
通常、バイアス電源の電力も電子負荷が吸収しなければならないため、電子負荷容量が大きくなるケースがあるが、必要のない時(電子負荷の最低動作電圧以上)は電源をCUT-OFFし、効率アップを図り、装置の小型化を実現した。

また、ガス供給部門と連動し、適切な発電と消費を実施できるシステムを実現。

ご採用部門例

  • 燃料電池セルメーカ開発部門
  • 燃料電池車開発メーカ開発部門

関連製品