電子カタログはこちらから PDF形式の電子カタログはこちらから

マイクロホンを保持するための・フロアスタンド装置です。マイクは含まれません

フロア設置型のマイクロホンスタンドです。高砂製作所のフロア型マイクロホンスタントは、高さ調整が片手で簡単に行えます。倒れにくい低重心設計です。
◆MF-18TM/MF-25T/・・・ フリーロックで操作性向上    生産中止
特徴   伸縮はフリーロック方式です。上下操作は内パイプの何処でも力を加えれば動作します。手を離せばその位置でとまります。超低重心の脚部で優れた安定性を発揮します。 フリーロック
フリーロック方式
高さ  
MF-34T ・・・・・ マイク取付ネジまでの高さ調整範囲 : 430〜875mm(3段)
MF-18TM ・・・・マイク取付ネジまでの高さ調整範囲 : 800〜1416mm (2段)
MF-22TM ・・・・マイク取付ネジまでの高さ調整範囲 : 1100〜2016mm (2段)
MF-25T ・・・・・マイク取付ネジまでの高さ調整範囲 : 1360〜2500mm (2段)
MF-30T ・・・・・マイク取付ネジまでの高さ調整範囲 : 1610〜3000mm (2段)
MF-40T ・・・・・マイク取付ネジまでの高さ調整範囲 : 1540〜4000mm(3段)

フリーロックタイプの先端

低重心の脚部

一点締め方式のねじ締め方式のマイクスタンドのように両手で操作しなければならない方式に比べ、片手で簡単に位置決めできます。ロック機構も長期安定に動作するように高耐久のゆとりのある設計がされています。またオーバーホールなどにもご相談ください。

 
◆MF-209/MF213/MF-221/MF-230 フレキシブルとキャノンコネクターを装備したマイクスタンド    生産中止
特徴   フレキシブル仕様で、先端にマイクを直接接続できるようにキャノンコネクターを装備したマイクロホンスタンドです。ケーブルは、パイプ内部を通る為とてもすっきりした構造です。超低重心の脚部で優れた安定性を発揮します。 フレキシブルタイプ
フレキシブルキヤノンコネクター仕様
高さ   MF-206 ・ キャノンコネクタまでの高さ調整範囲 : 500〜600mm (2段)
MF-209 ・ キャノンコネクタまでの高さ調整範囲 : 700〜1000mm (2段)
MF-213 ・ キャノンコネクタまでの高さ調整範囲 : 900〜1400mm (2段)
MF-221 ・ キャノンコネクタまでの高さ調整範囲 : 1300〜2200mm (2段)
MF-230 ・ キャノンコネクタまでの高さ調整範囲 : 1700〜3000mm (2段)

写真はフレキシブルタイプの先端、詳しい説明はこちらをクリック

低重心の脚部

フレキシブルパイプにマイク接続用のキヤノンコネクターを一体化。わずらわしいマイクからのケーブル露出やマイクホルダー等がないすっきりしたデザインです。高さ調整はロックナット方式で汎用性を高めています。椅子に座った状態の方々の集音や演奏者などの集音最適です。

通常のマイクホルダー式にくらべ出っ張りがほとんどないので、楽器との干渉が少なく、オーケストラなど狭い場所に複数高密度配置可能です。

観客席にノイズマイクとして配置した場合のシルエットもシンプルで邪魔になりません。

 
◆MF-707 軽量カスタムカラ―対応    生産中止
特徴  
  • 軽くて、ユニークなデザインの、カラーマイクスタンドです。
  • 赤、青、緑・・・等、ご希望の色に塗ってお納めします。
  • ステージやスタジオのディスプレイとしてもご利用下さい。
ロックナット式
軽量カラー対応マイクスタンド
高さ   MF-707 ・・・・・ マイク取付ネジまでの高さ調整範囲 : 935〜1700mm (2段)

写真はフレキシブルタイプの先端、詳しい説明はこちらをクリックスマートな脚高さ調整はロックナット方式で軽量です。

 
 
pdf版カタログ プライスリストと生産終了リスト

先頭へ

その他の製品案内

卓上マイクスタンド
ブームタイプ
エレベーター
一点吊、三点吊りマイク
特殊
アクセサリー
卓上タイプ ブームタイプ ステージ用エレベーター 吊りマイクロホン用 特殊 アクセサリー


先頭へ

用語説明

マイクスタンドのセーフティロックとは
黒色の取っ手部分を上または下にスライドすることによりロック解除と高さ調整が同時にできます。手を離せば再びロックします。
マイクスタンドのフリーロックとは
内パイプのどこでも上下に動かせば高さ調整できます。
フレキシブルマイクスタンド とは
直立型のマイクスタンドの先端部分にフレキシブルチューブパイプを装備したマイクスタンドです。先端にキヤノンコネクターを装備しているのでマイクホルダーが不要でケーブルもパイプ内からキヤノンコネクターに直接しているので、角度も自由につけられ出っ張りも少なく景観もシンプルです。
 

先頭へ