RS−232Cとは

米国電子工業会(EIA)によって標準化されたシリアル通信規格で、1:1で接続され、シリアル通信としては、割と古くからあり普及した規格です。コネクターはD−sub25ピンが使われることが多いですが。最近は、PC−AT系パソコンのインターフェイス規格だったD−sub9ピンが広く普及しています。

RS−232Cで制御できる電源例

小型ズーム直流電源KXシリーズ、8倍ズーム直流電源 ZXシリーズ、大容量直流電源 HXmk2シリーズなど標準装備

上記の高砂製作所の電源に搭載されているRS−232Cポートは、電源側のCTS信号をONすることにより通信が可能となります。CTS信号をONすることにより、電源側のRTS信号、DTR信号がONになります。

RS-232C IF

先頭へ