出力極性とは

直流電源の出力は正(+)、負(−)の極性を持っており、この両極が電源装置のフレーム・グランドに対して絶縁されている場合、この一方をグランドに任意に接地することにより、正(+)電源あるいは負(−)電源としても使用できます。
通常、高圧直流電源の場合は、このような出力がグランドに対して浮いた形式ではなく、一方が設置された、固定極性出力となる場合もあります。

先頭へ