出力インピーダンスとは

直流に対する出力インピーダンスは通常、出力電圧の変化分を負荷電流の変化値で割った値をいう。例えば、出力電流が0〜10Aの変化をしたとき、出力電圧の変化分が10mVあれば、出力インピーダンスは1mΩとなる。
交流に対する出力インピーダンスは、負荷電流を正弦波状に変化させ、そのときの出力電圧の変化分を割った値をいう。交流に対する出力インピーダンスの傾向は、1kHzで直流に対する場合の約2倍となり、それ以上は周波数に比例して増加する。


先頭へ